記憶力,悪い,仕事

記憶力は知力の根本!これが悪いと仕事も出来ない!それが真実だ!

記憶力は知力の根本!これが悪いと仕事も出来ない!それが真実だ!

 

 

記憶力は仕事をする上で重要なものであり、それを実感している方も多いのではないでしょうか?
基本的な知識を覚える事ができなければ、効率的な仕事が望めないばかりか、日々の仕事を進める事にも支障が出てしまいます。
また、物忘れが多いという方であれば、ケアレスミスが発生しやすかったり、物事の判断に遅れが生じたりという問題もありますよね。

 

逆に記憶力が良ければどうでしょう。知識を吸収・覚える事で、様々な仕事ができるようになります。
ミスも少なく、覚えた事から判断も早い、仕事の効率も上がってきますよね。
記憶力が悪いという事は仕事をするにはある種、致命的な弱点を抱えているとも言えますが、記憶力が悪いと実感している方の対応方法はあるのでしょうか?

 

 

 

どう対処する?記憶力は簡単に落ちる!結果が悪い仕事っぷり!

記憶力は知力の根本!これが悪いと仕事も出来ない!それが真実だ!

 

 

記憶力は様々な原因で低下してしまいます。
一つの要因として記憶障害がありますが、これはレアケース。より身近な記憶力の低下の原因としてストレスと生活習慣が挙げられます。

 

短期記憶を司る海馬という脳の一部はストレスに大変弱いと言われており、容易に働きが悪くなります。
記憶は短期記憶を長期記憶として定着させる事で、物事を覚える事に繋がりますが、ストレスはスタート地点の働きを阻害してしまうのです。
また、短期記憶に悪影響があるという事は物忘れが多くなる事を意味しており、ケアレスミスなどが生まれます。

 

仕事にストレスは付き物であり、業務での失敗や労働環境への不満、人間関係の不和など、要因も数多く存在しています。
仕事でストレスが溜まる事で、記憶力が悪くなり、覚える事やミスに繋がる。
そこからさらにストレスが溜まってしまい・・・と、知らず知らずの内に、悪循環に陥る事も少なくありません。

 

 

また、睡眠は脳を休ませる事に加えて記憶を定着させるためにも効果的と言われていますし、バランスの良い食事を摂る事で脳がしっかりと働いてくれます。
逆に睡眠不足や偏った食事では、脳が満足に働いてくれないのです。
言わずもがな、改善が必要な生活習慣を送っていては、記憶力が低下し、仕事も十分にこなせないという事になりますね。

 

 

 

記憶力が悪い事をどう補う?仕事力向上のための習慣と栄養分はコレ!

記憶力は知力の根本!これが悪いと仕事も出来ない!それが真実だ!

 

 

記憶力の低下は多くの原因が考えられますが、記憶障害である事に比べれば、ストレスや生活習慣の改善によって、簡単に補う事ができます。
特に食事では記憶力の低下を予防する栄養素が数多く存在すると言われています。

 

  • 糖分:脳の働きのエネルギー源となる(炭水化物、果物)
  • ビタミンB群:脳の機能を保つ(B1:豚肉、B6:まぐろ、B9:レバー、B12しじみ)
  • DHA:記憶力の減衰を防ぐ(青魚)
  • 亜鉛:脳の情報伝達をスムーズにする(牡蠣、レバー)
  • レシチン:脳の情報伝達をスムーズにする(大豆、卵黄)
  • ポリフェノール:脳機能の活性化、脳機能の低下を防ぐ(チョコレート、ブルーベリー)

 

以上の栄養素を意識して摂取する事で、記憶力が悪い事を補えると言われているのです。
当然、これらの栄養素だけ摂れば良いというわけではなく、バランスの良い食生活が前提になりますよ。

 

 

また、生活習慣の改善だけではなく、記憶を定着しやすくする習慣を身に付ける事も効果的です。
一般的にはメモを取る・音読する・繰り返すなどの行動や記憶する事に興味を持つのも良いとされており、一見記憶力とは関係なさそうな運動も脳の働きに良いと言われています。

 

 

 

まとめ

 

 

記憶力には個人差がないという説もあり、一部の特別な才能を持つ人を除けば、様々な要因により左右されて差が生まれると言われています。
記憶力が悪いからと諦めてしまわずに、ストレスを取り除く・生活習慣を見直すなどに挑戦してみて下さい。
特に心当たりのある方には是非おすすめします。

 

 

記憶力は取り戻せる!さかな暮らしを今すぐ始めてみるべきその理由